前へ
次へ

違法行為と不法行為の違いとはなにか

違法と不法なのですがやや難しい区分けになります。
まず、違法ですがこれは名前の通り、法律に違反していることになります。
では、不法とはどうなるのか、といいますと刑法ではない、ということが多いです。
反社会的な行為などもそうであったりするのですが、例えば浮気などは不法行為に成ります。
民法に違反しているといえるからです。
ですが、これは刑罰を受けるようなことではないです。
つまりは、別に不法というのは投獄されるようなことではない、というパターンが殆どになります。
翻って違法は駄目です。
これは刑法などに反していることを指すことが殆どであり、刑事罰を受けることになります。
そもそも民法などには罰則はあるのですがこれはお金になります。
そのあたりが明確に法律の質として違うことになりますから、これは覚えておくようにしましょう。
不法行為をしたから逮捕、ということはありえないことになりますから、勘違いしないようにしましょう。

none

Page Top