前へ
次へ

警備業法というのは意外と面白い

今は世の中に警備員さんというのがたくさんいることがわかります。
それこそ道路工事などには必須になりましたから、街中に溢れているといえるでしょう。
これはとても重要なことであり、事業としてもかなり大きくなっています。
警備業法というのがありますから、これは守って事業が勧められています。
言うまでもありませんが、警備員というのは特に権限を持つことがない、ということが明確にされています。
これが実に素晴らしい規定であり、明確に駄目としていることです。
では、警備員とはなんのためにあるのか、といえば私人としてできることはあるのですから、警備ということはできるのです。
特にいえるのが施設管理権からの行動は可能です。
とにかく、法律というのはなにかを決める、定義づけなどに使われることがあるのですが、これは警備業法にもいえることになります。
昔はなかったのですが、今では十分に規制されていますから、心配することがないことになっています。

Page Top