前へ
次へ

法律関係の資格というのは色々とありますが

法律に関する資格というのはいくつもあります。
しかし、基本的には最高峰なのが弁護士であり、これがまずは資格としてあれば何でもできます。
ですが業界ごとに細かい法律などがあったりします。
その業界がかなり特殊であればそれは特別に法律を作る必要性がある、とかそうしたことがあるからです。
例えば警備などがそうです。
元々、警備というのは特別に法律があるようなことではなかったのですが社会情勢などを鑑みて警備業法という法律を規定した、ということがあります。
当時は警備員か横暴であったりしたこともあり、それは駄目と明確にするために作りました。
反社会的な組織やそれに関係する人が警備員をしてはいけない、といったことも規定されています。
このように行政によって新しく業界規制をするために法律を作ったりすることもあります。
法律とは普遍なものではなく、社会情勢によって変更することもありますし、新しく作ることもあるわけです。
これは大事なポイントになります。

Page Top